2011年11月22日

Old worldにさようなら 2.何を信じるのか

(あれれ。iPhoneで編集したら、パート2だけ非公開になってました)

先週の土曜日、NHKの地球ドラマチックで「奇跡の生還に導く声〜”守護天使”の正体は?」というテーマが放送されていたので楽しく見ました。
始めに、911テロのとき、ワールドトレードセンターのビルで働いていた人が、最初の飛行機が追突したあとに非常階段に逃れたものの、下に行けば炎、上に行っても非常扉が閉ざされて出られない、という状況になり、ほかの人が階段で眠り始める(空気も薄くなるし、眠くなるらしいです)中、突然声がして「あなたを家に送り届ける」というその声のもと導かれ、炎の中をくぐり、最終的に一命をとりとめたという話がありました。
脳科学者さんたちはいろいろとこのようなケースを調査し、空間認識の変化だとか、いろいろと科学的に説明しようとするのですが、本人は「あれは神の導きだったと思っている」のです。

同様な体験で、「あれは亡くなった父だった」「あれは私の守護天使だった」「あれは私自身だった」といろいろなケースがあるらしいのですが、その「奇跡的な」感覚を体験した本人は、体験していない誰が何と言おうと、そう信じるのみです。
 奇跡の生還へ導く人 ジョン・ガイガー

人は何かが感覚としてはっきり感じられれば、それを信じます。
「それは脳の作り出す幻覚だよ」と言われたとしても、「幻覚なんてものじゃなかった」ときっぱり否定するでしょう。でも、それがどういう感覚か、他人にはどうしたって分からないので、「あいつ頭がおかしいんじゃないか?」と思われることもあるでしょう。

感覚として感じられることは、信じるしかありません。
世の中の99%の人が否定しても、肯定することしかできません。
それほど確かな感覚は一人一人に存在します。
そのように「個」というのは独特であり、重みのある存在です。

(周囲のたくさんの人が否定するから自分もそれを否定したほうがいいんじゃないか、という気持ちになることがあります。違う考えを持つことで、他の人が嫌な思いをするかな?とか、自分は嫌われるかな?とか、変に思われないかな?という迷いです。でもそれは、人のことを考えているように見えて、実際にはごく短期的な範囲の自分の安全性を考えているだけです。実際に、身内や友人と違う考えを貫いてみてください。もちろん、違う考えを表明するときに相手を攻撃しないこと。自分も相手も慣れない状況のために一時的にモヤモヤするかもしれませんが、最終的には双方にとって一番ハッピーな結果が展開していくはずです)


めぐみの森に来られる方が、ふつうの人はあまり考えないし言わないだろうことを話して「私って変ですよね?」とおっしゃることはよくあります。実際のところ、私のところにはそのような方がたくさん来られます。ありとあらゆる、自称「変な」人たちが。

それは私も「変」だからで、また、いろんなタイプの「変わった」人がいるのは良いことだ、と思っているからだと思います。

だから、どの人に対しても
「全然、変じゃないですよ。私はとても共感できます。でも、ほかの90%以上の人は、分かってくれないでしょうね」
ということになります。

人の生まれ持った性質はそれぞれなんだし、さらに、体験してきたバックグラウンドもさまざまなので、それぞれの考え方や感じ方があるほうがずっと自然だと思うし、逆に、ある考え方や感じ方に統一されるほうが無理があると思います。

さらに私は、人が生まれ変わると思ってる、というか、この人生1度きりしか存在しないとは思っていないから、今回の人生以外にもそれぞれの人が広大な宇宙のいろんな記憶を持ってるとすると、そりゃ、地球という1つの惑星の中の小さな日本の小さな一般常識におさまるわけがありません。

私が、人生は一度きりだと思ってないのは、ぼんやりとですが、この生涯以外にも記憶があるからです。
(やっぱり変人です。)

「輪廻転生なんて信じてるの?俺は信じないよ」という類のセリフ、耳にします。
それはイコール「輪廻転生は存在しない、と信じている」ということでもあります。
何かを信じる信じないではなく、何にしたって、何かを信じているわけです。
同じ穴のムジナです。
そして、人それぞれに対して、信じたとおりの現実が展開されていくわけです。

(これ私の観察の範囲内ではホント。たとえば、男性も家事をやるのが自然で当然よね、と思ってる女性は、家事をフツーにやる男性と出会って結婚する。そんな男性はほぼいないとか、家事をやってもらったら申し訳ないと思ってると出会わない。そしてたぶん、人生は一度きりと信じると、死後は永遠に眠る)

つまり、自分の信じていることを変えると、自分が変わります。
信じるものを新しいものに取り替えると、自分も新しくなれます。

あなたは何を信じているから、今のあなたなのでしょう?
もし、そのあなた自身を好きになれないとしたら、何を信じているからなのでしょう?

パート3に続く。
posted by 太田 at 17:46| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Old worldにさようなら 1.義務か自由意志か

3回のシリーズで書きます。久しぶりに読み物的なものを。
もう予約投稿したので、3日連続でアップされます。


日本人の傾向として「〜〜しなければならない」という義務感から行動することが多いです。
自分にとっての義務感を果たすことが喜び、である場合も多々あるとは思いますし、それはすばらしい行動だと思います。

しかし。
価値観や行動様式も多様になってきた今、社会や他人から要求されるものというのは必ずしも一律ではありません。
地域差や世代差、職業分野の差など、いろいろな部分で「常識」なるものも変わってくるのに、いろんな種類の人が複雑に行き来している今だから、あちらを立てたらこちらが立ち行かなくなる、という現象がいくつも起きます。

だから、外から要求されることに従うことが義務だと考えていると、自分自身は混乱するし、しんどいし、崩壊していくことでしょう。
そうなると、せっかくの美徳的な日本人の義務意識だったものが、個々を襲う魔物と変化します。

義務感が強すぎてしまったとき、このごろ分かってきたのですが、仕事や道徳的なことだけでなく、趣味や遊びの部分でも、義務から行動するようになります。
趣味や遊びにも「〜〜しなければならない」という思いで臨むのです。
果たして楽しいのでしょうか。どうも、予想通り、当人たちはあまり楽しめないようです。

そして、心から楽しむことがなかなかできないから、楽しんでいる人を見ると冷ややかな視線を送ったり、冷めた気持ちになったりします。
昔、私にもそういうことが多々あったのです。
しかしそれは「意識の純粋性」を貶める行為だったと今では思います。

本来なら「〜〜したい」という自由意志から趣味や遊びは始まりますし、いや、仕事だって本当のところはそうでなければ続かないし、打ち込むことができません。

では「〜〜したい」と思えることを探せば良い、ということになると思うのですが、義務感が強すぎると、それが非常に困難になります。思考のすべてに「〜〜しなければならない」がつくのです。つまり、「〜〜したいと思えることを探さなければならない」という思考になるのです。

このような場合、どうしたらいいのか。

・・・

・・・

・・・仮に何か、「◯◯したらいいよ!」とアドバイスしたところで、「◯◯しなければならない」という思考になるのは目に見えてますから、放置することでしょうか?

1秒1秒すべての挙動にたいして「〜〜しなければ!」と言い続けてがんじがらめになってノイローゼになるくらいやれば、いい加減「〜〜せねば」の思考がイヤになるかもしれません。あるいは快感になるかもしれませんがそれはそれでハッピーですね。

本当は、手段は考えなくていいんです。
結果だけをイメージすれば、手段は「気がついたら目の前にあった」とか「不意打ちのように飛び込んできた」とか「気がついたらもうやってた」ということになるんです。
それは人によってはすぐかもしれないし、数年後、何十年後かもしれません。そんなふうに不確実だから誰もあまりやりたがりませんが、まったく疲れないしゴリゴリと努力することすら必要ない方法です。


世界は義務を果たすことでできているという、信念体系。
過去の私も信じていたことです。

信じることについて、パート2に続く。
posted by 太田 at 17:43| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼルダの伝説スカイウォードソード

(下書き保存したつもりが、間違えて公開されちゃった。なのに素早くコメントいただいてびっくり。少し書き足して、残しておきますか)

23日に発売の、ゼルダの伝説スカイウォードソード。

これにはどうやら限定版の25周年パックというのがある。

25周年パックに、オリジナルリモコンがついてるのは、なぜ?
なぜ「リモコン」?



分かりました。

Wiiの旧来型のリモコンではプレイできないからです!




プレイするためには、

・旧来型リモコン + Wiiモーションプラス

または

・Wiiリモコンプラス

が必要だからなのでした。
 

ゼルダはトワイライトプリンセスが面白かったので、スカイウォードソードもすごく気になってます。
posted by 太田 at 15:46| Comment(3) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

アートイベントのお知らせ

先月のテリーさんイベントでお絵描きワークショップをされたヤスノさんと、参加されていた石野さんが、新たにイベントを立ち上げられることになりましたぴかぴか(新しい)
そのお知らせです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

12月11日(日) 金沢湯涌創作の森 交流研修棟にて

10:00〜12:00
石野さんのワークショップ、
「コラージュでオリジナルカレンダーをつくろう!」


111115-1.jpg 111115-2.jpg
(クリックで拡大します)

料金は材料費込みで\1500コラージュしたい写真等があれば持ちこみok。
子供の参加もOKです、どうぞ!幼児は保護者同伴がいいですね。
応募締切12/8
お申し込み、お問い合わせは
info@eclat-shop.com


13:30〜16:00ごろ
ヤスノさんのワークショップ、
「お絵かきワークショップ♫自分のフィーリングを絵にしよう♫」

111115-3.jpg 111115-4.jpg
(クリックで拡大します)

・画材費込み\6300(こちらで用意するのはアクリル絵の具です)
・レンタル \3300( 同上 )
・自前の画材持ちこみ(紙は用意します)\1500  ※画材の種類を教えてください。

画材等の準備のため、応募〆切は11月30日です。
お申し込み、お問い合わせは、
ununmikitium@ezweb.ne.jpまで。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ひとつのことに夢中になって、クリエイティブな時間を過ごしましょう♪
やってみると、とっても楽しいですよ!かわいい
 
posted by 太田 at 21:39| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

マヤ暦の終わり

マヤ暦が終わるとされているのは、ホゼ・アグエイアス氏の著書による2012年12月21日が広く知られていました。

つい8月ごろに知ったことなんですが、カール・コールマン博士という人が独自にマヤ暦の研究の結果、2011年10月28日がマヤ暦終了だということを「マヤ暦が終わるのは、2011年10月28日だった!」という本に書いています。

気心の知れた友人達が、白山比盗_社に行きたいと言い出して、ではマヤ暦終了直後の10月29・30日の土日に集まろうということになり、関東と関西からはるばる集まりました。
そのときのためにコールマン博士の本を読み込んできた人がいろいろ解説してくれました。

一般的にはマヤ暦が終了すると世界が終了とか、地球が滅亡と言われたりしていますが、コールマン博士によると決してそうなのではなく、10月28日以降の人類は、本当の自由を手にして、喜びと平和の中で生きていくだろう、ということでした。
別の言い方では、時間を超えた覚醒した宇宙意識の状態に到達するとも表現しています。時間を超えるということは、もうマヤ暦は必要なくなるのです。
マヤ暦は12億6000万年前から9つの時間の数え方でできていて、それは、人類を進化させる宇宙計画のエネルギーというものが存在して、その影響を暦に記すことが意図されており、宇宙計画から解放されて宇宙意識の状態に到達するという頂上に導くための梯子の役目だったマヤ暦が、もう用をなさなくなるから終了するということなんだだそうです。

10月28日が過ぎて、でも何も変わってないよ?と思われる方も多いかもしれませんが、宇宙計画のエネルギーの流れに乗るか乗らないか、その意図をどの程度受け入れるか、は個々人の自由意志にゆだねられているそうです。そしてまた、個人と集団はつながりあっていることから、これからの世界の流れは個々人がどう自分の態度を選択していくかによってどのようにでも変わってくるのでしょう。
つまり、人間の意識に影響を与える宇宙のエネルギーは、10月28日を境に変わったのだよ、あとはみんなどうする?ということのようです。

29日にはそのような話をいろいろとし、30日には比盗_社に行って、各自がどのような選択をしていくかを宣言してきました。
比盗_社の祭神は古事記に登場する「白山比淘蜷_」 =くくり姫=菊理媛尊です。きちんと決断することを「腹をくくる」とも言いますし、自分の決心などを宣言するための場所としては日本の中でも最適な有数の神社なんだだそうです。

そんな2日間を過ごしたので、エネルギー的にとてもすばらしいものを感じることができ、生まれ変わったような気持ちになることができました。楽しくて、まるで祝祭のようでした。


新しい気持ちで、めぐみの森のホームページやパンフレットなどもリニューアルしようと思っています。
ですが最近のホームページ作成技術の進化についていけておらず、創造の波に乗れるまでしばらく時間がかかりそうです。

創造といえば、ヤスノさんのお絵描きワークショップ以来、いくつか絵を描きました。
30日に比盗_社で感じたエネルギーも絵にしてみました。人物や風景など、形あるものは全くセンスがなく描けなくて、感じ取ったエネルギーイメージの絵ばかりです。
およそイメージ通りに描けた絵が5枚ほどできたので、まとめてフェイスブックのアルバムにアップロードしてみました。
↓こちらです。アカウントを持っていない人でもたぶん見れると思います。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.240135129376927.59048.100001413242719&type=1&l=13e172a727

posted by 太田 at 23:50| Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

平安時代からのご縁

この前の日曜日、23日は、両親宅の上棟でした。
うちの建物の後ろに建築中です。
上棟を終えて一気に骨組みが出来上がりました。
子供たちが毎日ワクワクしながら建築の様子を見ています。

今回、両親宅を建てるにあたって、まずは地鎮祭から始まるわけですが、地鎮祭と来てすぐに思い浮かんだのが、開業当時からのご縁でありいつもお世話になっている、牛坂八幡神社の神主さん、田邊さんです。

地鎮祭は9月17日に、田邊さんに執り行っていただきました。

祝詞?というのでしょうか、神道のことばを聞きながら、日本の、日本語のスピリチュアルはこのような古くからある言葉で語られるべきではないだろうか、などと考えていました。現代日本語ではなんだかもうひとつ核心に踏み込めない感があります。

いつもお世話になっている方にお願いした地鎮祭ということで、形式をなぞるだけのものではなく、とても思い出深いものになりました。

さらに。
私の父が自分の家系について、「昔、菅原道真が太宰府に左遷されたときについていった先祖がいる」と田邊さんに話したそうです(と後で田邊さんから聞きました)。

田邊さんのご先祖様は「道真公が大宰府に左遷されたとき、お別れの挨拶に道明寺の叔母・覚寿尼を訪ねた際、旧知である田邊左衛門に自画像を授けられた」のだそうで、もしかしたら、ご先祖様同士が平安時代に会っていたかも、という話になりました。
8年前の開業からのご縁どころか、1000年以上前の平安時代からのご縁。

私たちにとって、ここ金沢はそもそも、身内も知り合いもいなかったはずの場所でした。

まったく縁のなかった場所と思っていたのですが、実はこのようなご縁があったのかもと思うと、不思議なような、ほっとするような気分になったのでした。

空間も時間も超えて、どこで何がつながっているのか、分からないものですね。


ところで田邊さんもこのことをブログ記事にしてくださっています。
http://blogs.yahoo.co.jp/ushisaka2004/60771281.html
 
posted by 太田 at 15:24| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

テリーイベント3日目:お絵描きワークショップ

前回、5月のテリーさんイベントの直前に、整体の部屋にヤスノミキさんの絵を飾りました。
それから、ヤスノさんの絵を見て「これすごーい」と言う人の多いこと、多いこと。
カフェのときにも話題になりました。
ヤスノさんが、自分を見つめるのに絵を描いてみるのはとてもよい、という話をされていて、「私も描いてみたい」という人続出。でも、なかなかきっかけがないし、どう描いたらよいのか分からないものです。
そこへカヨコさんが「次は絵のワークショップしてみるとか、どう?」と発案。
それで今回のお絵描きワークショップの開催のはこびとなりました。
私たちのリクエストに応えてくださったヤスノさんには感謝です☆

6人の参加者が集まりました。
それなりに絵を描いた経験のある人もあり、私のようにまったくない人もあり。

「とにかくまず、何か色を塗ってみてください」というヤスノさんのリードのもと、それぞれに描き始めました。
私には描きたいイメージがありました。
最終的には金と白と原色を重ねた絵を描きたかったのですが、頭の中にまず浮かんだのはピンク。
なのでピンクから塗り始めました。

塗り始めたら没頭しちゃって、実はワークショップ中のこと、あまりよく覚えていません。
思いついたままに色を重ねていけばいいとか、行き詰まったら遠くから眺めてみたり、携帯で写真を撮って、画面で眺めてみたりすれば書き足したいことが見えてくるとか、ヤスノさんは言われていたと思います。
最後は、これで終わりという感覚が来る、とかも。

みんな真剣でした。
でも、ちょこちょことしゃべったり、なんとなく笑いが絶えなくて、楽しく描くことができました。
1人で描いていたら、あっけなく行き詰まって終わっていたかもしれません。
だけど最後まで描くことができたのは、ヤスノさんのたくみなリードがあったからだし、みんなと一緒に描いたから。

111010-5.jpg

それぞれの絵が、少しずつ成長していきます。

111010-6.jpg

できあがり!
2人ずつ写真を撮りました。
それぞれに素敵な、自分だけの自分の絵。

111010-7.jpg

111010-8.jpg


カヨコさんと私は、午後6時近くまで描き続けていました。
それでも足りなくて、夕食に出て帰ってきてから、また描き描き。

夜の9時ごろ、ようやく写真を撮れる段階になりました。

111010-9.jpg


描いた絵を毎日眺めるのが、また良いのだそうです。
こういうことだったんだ、と、自分自身に対して発見があるのだとか。

私も毎日眺めています。

とっても楽しかった!
絵を描くのが楽しいなんて、まだ幼稚園にも行かない頃、家で好きにお絵描きしていたとき以来じゃないでしょうか。
描きたいイメージがもうひとつあるので、早いうちにもう1枚描いてみるつもりです。


そして今回のテリーさんイベントも、すべて終了しました^^


おまけ
息子たちとテリーさん

111010-10.jpg

111010-11.jpg
posted by 太田 at 17:38| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

テリーイベント1〜2日目

10/7-9の3日間にわたって開催したイベントが今回も無事終了しました。

もはやめぐみの森では、ロミロミイベントというより、テリーさんが来るのをきっかけにイベントしてるみたいな雰囲気になってますが・・・。オハナさんの方ではしっかりロミロミイベントをやっているはずです^^

1日目は整体入門講座とランチ、カフェ。
整体入門では、整体の原理について、多少なりとも分かっていただけたかと思います。
めぐみの森で使っている方法は、原理が分かれば、自分で自分の体を調整することもできるんですよ。もちろん他人にやってもらうほうがずっと効果的でバッチリ決まりますが・・・
私はしょっちゅうセルフ整体をしています。セルフ整体講座もやったらおもしろいかな。

ランチは、整体講座をしている間に、テリーさんに作ってもらいました。
パスタと、ガーリックトースト。

111010-1.jpg

午後のカフェも、今感じていることや、これからの夢など、いろんなことを話して楽しく過ごしました。


2日目はテリーさんとカヨコさんによるホ・オポノポノ講座。
自分の魂の声に従って生きて行くために、自分のもの以外のものを手放すこと。
自分のことと他人のことを分け、境界線を引くこと。
そういうことについて、豊富な具体例とともに、お話を聞きました。

今回のビッグニュースは、テリーさんとカヨコさんに赤ちゃんができて、現在妊娠4ヶ月だということなのですが、
テリーさんは赤ちゃんができたことが「自分の最新の恐れ」だと告白していました。冗談めかしてですが。
でもまんざら分からないでもないのです。
テリーさんは自由を愛する人。理屈も好きな人。まして今月末で54歳、このまま夫婦2人で仲良く暮らし、早期リタイアなどして楽しんで・・・というビジョンを描いていたところへ、まったく予期してなかった妊娠の判明。
理屈のとおらない赤ちゃんという存在が加わったら、今までと同じ質の自由は期待できないでしょうし、子供を育てるために、予定よりも長く働かなければいけない可能性大。出張マッサージがほとんどのテリーさん、子育てのために仕事スタイルを変えなければいけないかもしれません。
状況が今より大変になるのは間違いない。テリーさんってつくづく、チャレンジを愛する魂なのだな・・・と思わずにはいられませんが、彼は「受け入れる」ということもよく知っているので、きっと何とかやっていくのでしょう。

111010-2.jpg

バースセッションで生まれた小さな子供たちが3人集合。
111010-3.jpg

ディナーは、テリーさんの作った「タイ風バジルビーフ」と、夫が庭でダッチオーブンで作ったチキンと野菜の蒸し焼き、でした。男の料理2品。どちらもとてもおいしくて、たくさんあったのですが、あっという間になくなりました。
111010-4.jpg

朝食などもテリーさんが作ってくれましたが、バターがみるみるなくなるなくなる・・・・
フレンチトーストを焼いていたフライパンをのぞくと、バターの厚い層が(笑)
おいしいけれど、これは、あとでジョギングしなくちゃね。

続く。
 
posted by 太田 at 22:58| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

知人よりお知らせです

イベントのお知らせ依頼が入りましたので、掲載します。


↓以下、お友達(くさちゃん)からです^^
----------------------------------------------------------
『瀬織津姫と祈り・ コラボトーク in 石川』


私のマイミクさんから、下記のようなコラボトークの案内をいただきました。

まだ席に余裕があるようですので、興味のある方はどうぞ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「瀬織津姫の山水さん」と「コトタマのりゅうぞうさん」の
コラボトークショーがついに石川に上陸!!!

今こそ自ら、水からの浄化と祈りの大切さが問われる時。

アセンションの為に復活した宇宙の大神様『瀬織津姫』をメインテーマに、
今回はどのようなお話が展開されるのでしょうか?

■山水さん
瀬織津姫からの啓示を受けた音楽家。
今年11月東京にて、ナチュラルスピリットさん主催でトークライブ
http://www.naturalspirit.co.jp/workshop/yamamizu/yamamizu-2011.11.html
を開催される予定ですが、
今回のコラボトークは、東京のトークライブの先取りとなります。

■りゅうぞうさん
全国的に「しあわせコトタマ講座」を開催されてますが、
多方面にわたる博識家で、まるで生きた智慧の宝庫のような方です。
現在、執筆を終えられた原稿を出版社に提出中!
当日は、このような内容でお話をされるとのこと。
1.自然神、祓戸の大神としての瀬織津姫
2.実在の女性としての瀬織津姫
3.瀬織津姫を名前から読み解く
4.瀬織津姫は「水」と「音」で浄化する
5.瀬織津姫と銀河の太陽
6.瀬織津姫は、何を伝えようとしているのか?


■日時:2011年10月15日(土)

  13:30開演(13:00開場)

  17:00終了予定(途中休憩有り)

■場所:野々市町情報交流館カメリア 椿ホール3
    (野々市町役場内2階)
    http://camellia.nono1.jp/gaiyo/access/

■参加費:4000円

イベントの内容や申し込み方法などの詳細は、
下記のページにてご確認ください。

http://plaza.rakuten.co.jp/kingka/diary/201108250000/
posted by 太田 at 16:36| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

テリーさんイベント詳細

10月のイベント詳細が決まりましたのでお知らせします。

(テリーさんについては、こちらの記事の前半部分をお読み下さい)

◯最初にスケジュールの要約
10/7(金)テリーさんロミロミマッサージ、めぐみの森整体入門講座、ランチ、めぐみの森カフェ
10/8(土)テリーさんホ・オポノポノ講座、ランチ、めぐみの森カフェ、テリーさんロミロミマッサージ、ディナー
10/9(日)テリーさんロミロミマッサージ、ヤスノミキさんのお絵描きワークショップ
10/10(月)テリーさんのロミロミワークショップ


◯詳細(1〜6まであります)

※ テリーさん関連にはすべて通訳がつきますので、英語の心配はいりません。

1.テリーさんのロミロミマッサージ
10/7(金)〜10/9(日)
 45分 オイルなし(服を着たまま)6,000円
 90分 オイルあり(服は脱ぎます)13,000円

 午前10時〜午後1時(10/8を除く)
 午後2時半〜午後7時
 午後9時〜午後12時
申込には、ご希望のコースと時間帯をお知らせください。

2.整体入門講座 by 太田

めぐみの森で採用している整体法とは?骨が歪むってどういうこと?どのように歪むの?どうやって調整するの?どうして症状が改善されるの?・・・・初心者向けに解説とデモンストレーションをします。5月にもやりましたがけっこう使えるのでもう一度。2回目の方も大歓迎です。

 日時:10/7(金) 10:00- 2時間くらい
 料金:4,000円
 場所:めぐみの森


3.テリーさんのホ・オポノポノ講座
ホ・オポノポノは、ハワイで古代から行われてきた心の浄化法。
 ロミロミワークショップの中でもたびたび話がありますが、ワークショップに参加しない人にも、テリーさんの話を聴ける機会を設けました。テリーさんの体験談満載の話です。カヨコさんによる通訳。

 日時:10/8(土)10:00- 1時間くらい
 料金:1,500円
 場所:めぐみの森

4.ヤスノミキさんの絵描きワークショップ
想像空間ウンウンミキチウムのヤスノミキさんによる絵のワークショップ。
ヤスノミキさんは、整体の部屋に飾っている絵の作者で、その絵
110507-1.jpg
や、こんな絵や
110920-1.jpg
こんな絵
110920-2.jpg
を描かれている方です。(クリックで拡大)

前回のイベントで「こんな絵を私も描けたらいいな!」という人がいっぱいいたので、今回のワークショップ開催にいたりました。ヤスノさんありがとう^^

テーマ「色で遊ぼう、色を感じよう、自分を感じよう」
本格的に絵の具を使っていちど描いてみたい!というちょっとした思いをきっかけに、ヤスノさんにいろいろ教えてもらいながら遊んでみましょう♪ さらに、自分のフィーリングから何が出てくるのかというところまで、見つめてみませんか?

 日時:10/9(日) 13:30- 2〜3時間くらい
 料金:3,300円(画材レンタル)
    6,300円(絵の具や筆などお持ち帰り可)
    コーヒー・ジュースなどセルフサービス有
 場所:めぐみの森
 備考:手や服に絵の具がつくと取れにくいそうです。服装、ネイルなど要注意。

5.めぐみの森カフェ
今まで「ハワイアンカフェ」でしたが、ハワイ風スイーツも尽きてきたので、めぐみの森カフェに名前を変えます。スピリチュアルカフェともいえるものになってます。そういう話をするというより、そういう興味の土台がある人が集まってフツーの話題でフツーじゃない方向に盛り上がる、って感じ?
 日時:10/7(金)午後
    10/8(土)午後
 参加費:300円
 場所:めぐみの森

5.ランチ、ディナー
 日時:10/7(金)ランチ(パスタ)
    10/8(土)ランチ(カレー)、ディナー(テリーさん料理、男のダッチオーブン料理)
    メニューは仮のもので、変更するかもです。
 参加費:ランチ500円、ディナー800円
 場所:めぐみの森

6.テリーさんのロミロミワークショップ
ロミロミの講習会です。
 日時:10/10(月)10:00-17:00 
 料金:20,000円
 場所:オハナまたはつむぎさん

◯お問い合わせ・お申し込みは
meguminomori@mac.com
まで、参加項目を記入の上、ご連絡くださいませ。
※ヤスノミキさんのお絵描きワークショップのみ、画材準備の関係で、申込締切を10/2(日)とさせていただきます。
 
posted by 太田 at 15:58| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。