2012年07月21日

地球に適応するのが大変と感じる人たちへ

これからはぶっ飛び系の内容は減らしていこう・・・と思ったそばから、やっぱり、しかるべき人に届けておきたいメッセージが出てきて、今日の記事を書きます。
わたし全然違う、と思ったら、読み飛ばしてくださいね。
10人以上は、共鳴される方がいると確信して書きますが。


この社会で生きていくことに大変な困難を感じている人たち。
自分は弱いんじゃないか、変なんじゃないかと思っている人たち。

他の人たちは力強く生きているような気がするのに・・・・という思い。

よく分かります。

私もその思いにはとても、共感できます。

私もそうだったから。

運良く?それとも狙って?私はだいぶその困難さを克服して、だいぶ適応してきましたが、
それは私の選んだことであって、
べつに、困難は困難なままでもいいのかもしれません。

この地球には、ほんとうにさまざまなルーツを持った魂の人が、ごちゃまぜに存在しています。

ものすごく平和な世界のルーツを持つ人が、地球に飛び込んだら、
どうしてこんなひどい世界に来てしまったのかと後悔するかもしれない。

ものすごく進んだ文明のルーツを持つ人が、今の地球に飛び込んだら、
どうしてこんな遅れた世界に来てしまったのかと思うかもしれない。

ものすごく自由な世界のルーツを持つ人が、地球に飛び込んだら、
どうしてこんな束縛だらけの世界に来てしまったのかと嘆くかもしれない。

3次元世界に押し込められた体、さらに、争いごとも醜いこともたくさんある世界。
でも、そういう中に、真珠の粒のきらめきのような美しさも見つかる世界。

雑多な種族がひとつの星に、まったく同じような外観をまとって集っている場所。

そんな特殊な、ここでしか得られない体験のために、きっとここに生まれてきています。
この世界に違和感を感じる人ほど、あえて選んで、ここに生まれてきています。

うまく生きられなくても、ぜんぜん、気にすることはないです。
ここに生きて、この世界に立って、さまざまな人々に出会っていくだけで、大切なことは達成されます。
みんなと同じようにうまくやろうとしなくても、大丈夫。

そうしているうちに何か思いついたら、思い切ってどんどん行動に移してみちゃってください。
自分にも、周りの人にも、良いことが起きると思います。

そのうち自分のルーツがある世界(故郷)に帰還できる日は来ますから・・・それまでがとてつもなく長く感じられても、です。
帰還できた日には、地球でのすべての体験が、意味を輝きを持って、目の前に咲き誇ることでしょう。
 
 
posted by 太田 at 23:03| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。