2012年06月19日

子供向け料理本

4年生の息子はよく自分でお菓子を作ります。
工作のノリで作ってみたら、楽しいしおいしいし、家族も喜んでくれるので、次々作りたくなったようです。
最初はゼリーから始まり、そのうち、プリン、ムース,クッキー、ケーキ、タルト、と、これまでにいろんなものを作ってくれました。

彼はレシピさえ置いておけば自分で買い物にも行き、私が仕事をしている間に作ります。
その、一番の原動力となった本があります。
私が子供の頃から持っていた本で、私もずいぶんこの本のお菓子を作りました。
大事に今も持っていたのですが・・・なんと、今も同じ本が売られていることに気がつきました。

こどもがつくるたのしいお菓子


自分が使っていた頃から30年たっても同じ本が手に入るなんて、びっくりです!
初版が1979年になっています。
ロングセラーですね。


さらに、息子が友達に、「お前、何か料理作ったことある?」と聞いたら、
「俺、ときどき弁当作る」と返ってきたそうで、
息子はその日のうちに「明日ぼく弁当自分で作る」と言い出しました。
(遠足の予備日で、お弁当の日でした)
お姉ちゃんと弟とパパとおじいちゃんのも合わせて5人分のオムライス弁当を作りました。

ここで料理への興味を絶やしてはいけない、と思って、
料理の本も買ってみました。

こどもがつくるたのしいお料理



はじめてのキッチン―小学生からおとなまで。


さっそく、先週の日曜日は、お姉ちゃんと一緒にマカロニグラタンを作ってくれました。

7月にシャスタに行くので私は6日間留守にしますが、そのうち何日かは子供たちに夕食を作ってもらうのだ。
そのための布石です。
 
posted by 太田 at 11:16| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。