2012年06月13日

大人の遠足・鞍馬山

テリーさんイベントから派生して、昨日、大人の遠足・鞍馬山ツアーを開催しました。
・・・なぜ鞍馬山?
お絵描きワークショップのヤスノさんが「鞍馬に行ってみたい」と言われたのがきっかけであり、私ももう一度行きたいと思っていたのであり、そうしているうちに、鞍馬山に行きたい人が5人、集まったからです^^


そして・・・
前回はよく把握していなかったのですが、鞍馬山は、お寺とも神社とも言えないような、不思議なパワーを秘めた場所でした。
宇宙という言葉が出てきますし。
鞍馬山のパンフレットには、

「鞍馬山は、毎日を明るく正しく元気よく積極的に生きぬくための活力を、本尊である尊天からいただくための道場である」

とあります。
そして、

「尊天とは、『宇宙の大礼であり大光明、大活動体』であり、私たち人間をはじめ万物を生かし存在させてくださる宇宙生命、宇宙エネルギーであって、その働きは愛と光と力となって現れる。愛を月輪の精霊ー千手観世音菩薩、光を太陽の精霊ー毘沙門天王、力を大地の霊王ー護法魔王尊のお姿であらわし、この三身を一体として「尊天」と称するのである。『月のように美しく、太陽のように暖かく、大地のように力強く』と祈り『すべては尊天にてまします』とお唱えするのである。」

護法魔王=サナトクマラ、らしいです。

お寺とも神社ともいえない、というのは、

「鞍馬山の信仰は、尊天を信じ、ひとりひとりが尊天の世界に近づき、ついには尊天と合一するために、自分の霊性にめざめ自分に与えられた生命を輝かせながら、明るく正しく力強く生きてゆくことにある」

「宗派にも人種にも国境にもこだわることなく、ひとりひとりの真のめざめと、共に生かされている万物の調和を祈るのである」

「宗派にこだわらぬ鞍馬山だから寺の教えを押しつけはしない。坐禅・念仏・唱題・祝詞・ヨガ・・・各自の機根に応じ、それぞれの信ずる方法で自由に、尊天の霊気を受け、一人でも多くの人が真実にめざめ力強く生きてくださればそれでよい」

と明記されているんです。
・・・こういうの、いいな。


朝9時にめぐみの森を出発して、車でのんびり移動し、午後1時半ごろに鞍馬に着きました。
平日なので、駐車場もガラ空きです。

さて、仁王門。
120612-1.jpg

提灯には天狗の紋。
120612-2.jpg

ケーブルカーで一気に九十九折の坂を登ったあと、石段を少し登って・・・
120612-3.jpg

本殿です!
石で作られた六角形と三角形の紋章がなんとも、エネルギーが降りてきそう。そこに立って、写真撮影です。
120612-4.jpg

ぴかぴか(新しい)この本殿の下に、千手観音と毘沙門天と護法魔王の像が祀られた、廟がありました。金や石の繊細な装飾で仕切られた空間の迷路状の通路の奥にあります。
ヒューマンデザインの森さんがいて、いろいろご存知だったから、案内してもらえた場所です。
そこは神秘的すぎて、写真はもちろん撮ってませんし、あまり詳しく書く気にもなれないほど。
ただただ、そのエネルギーに魅了されました。


本殿から、奥の院へ。
120612-5.jpg

杉の根道。
120612-6.jpg

龍1。
120612-7.jpg

由岐神社の参道。
120612-8.jpg

魔王の碑。
120612-9.jpg

龍2。
120612-10.jpg

この日は人が少なくて、本殿より奥のエリアは、ほとんど貸し切り状態でした。
いろいろ不思議なものが本当にいっぱいで、堪能しました。
もしかしたらもっとすごいものが山のどこかに隠されているのかもしれないね、なんて、話をしていました。


しっとりとした緑の心地よい季節でした。
120612-11.jpg


お天気は曇、少し雨がぱらつくときもありましたが、大きな木々に覆われた鞍馬山の道は、屋根があるようなもの。むしろ涼しくて疲れず、とても快適でした。

1時過ぎから5時間ほど滞在しましたが、薄曇りの光が、昼なのに夕方のようだったり、夕方なのに昼のようだったりして、まるで時間がずっと止まっていたみたいでした。
旅に出ると時間の感覚が変わります。
今回は誰も、何時までに帰らなければいけないというのはありませんでしたし、
食事も含めて、どの場所もじっくり楽しんで、
時間を一切気にしない、ずっと「今」があり続けるだけの1日でした。

いつかはみんなで泊まりがけで、もっと遠くにでも、日本を出てハワイにでも♪
そしたらこのように時間の枠がない日々が、何日も続きます。


お土産に買ってきたのはコレ、
「源義経公の降魔必勝の小太刀」です^^
120612-12.jpg

息子たちが今、戦いゴッコに夢中だから・・・というのもありますが、柄に彫られた3つの「梵字」に惹かれて。
この3つの字がそれぞれ、千手観音・毘沙門天・護法魔王を表すのだそうです。

息子たちには「これはみんなを守ってくれるものだから、これで遊ばないようにね」と言いつつ、ひとり部屋の中で小太刀を振り回してみた、のはヒミツです。
親切なお寺の人に教えていただいたとおり、ちゃんと、神棚に置きました。
posted by 太田 at 15:37| Comment(2) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

太田さん♪昨日ご一緒させていただいた皆様♪

楽しく濃いい〜一日をありがとうございました!

行の車の中の会話から既に最近の自分の興味とシンクロするものが沢山あり、
ワクワクの旅のスタートでありました。

安定した(笑)薄曇り、小雨のなか私達で貸切りに近い鞍馬山の空間は私も特別なものを感じました。

そして森さんの沢山の深いお話は本当にこの旅を豊かにしてくれました(^ ^)

新たな出会いと自分の中の新たな可能性も、貰っちゃった旅でした♫

疲れるかと思いきや、帰りちょろっと眠くなっただけで、いまだ筋肉痛にもならないのは不思議です。

明日か?

(笑)

それにしても、あの山道を太田さんはリュウちゃんをオンブして歩いたのか〜

太田さん、何者?

笑笑笑

Posted by ウンウンヤスノ(^∇^) at 2012年06月13日 23:41
ヤスノさんコメントありがとうございます♪☆

ほんとに密度の濃い一日でしたー!
あの日だけ別空間。

でも、あちらがホームで、日常のほうがトリップなのかも・・(笑)

ちなみに前回はリュウ9ヶ月で、おんぶではなく前で抱っこ紐でした。前抱きだと、登りはいいのですが、下りで足下が見にくくてね。
次回はリュウにも歩いてもらうぞ(笑)
Posted by 太田 at 2012年06月14日 13:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。