2012年02月12日

マインドブロック解除無料体験キャンペーン前半終了

前回の記事でお知らせした、マインドブロック解除の無料体験キャンペーンの前半が終わりました。

ブロック解除を体験された方々の動機には、今のところの観察では、2つのパターンがありました。
1つは、長年、たとえば子供の頃から抱えてきたブロックをいつも自覚しており、ちょうどよい機会だから解除しようというもの。
もう1つは、自分自身の転換期だったり、新しいことに挑戦しようとしていて、出てきている抵抗や弱点と感じることを解消したいというもの。

また、最初のうちはとりあえず思い浮かんだ小さめのブロックを何個か解消していき、その過程で「そうそう、このテーマが私の大きいブロックだったんだ!」と気づくパターンがいくつかありました。
私もはじめはあまり思いつかなくて小さいブロックをぼちぼち解消していたのですが、だんだん、昔の記憶などが出てきて、こんなブロックがあった、あんなブロックがあった、といろいろ発見しました。

子供の頃から抱えてきたブロックの解除では、過去生らしきものが出てくるパターンも複数あり、ご本人には、その過去がじつにリアルに思い当たるようでした。


ブロック(自分の中の抵抗や苦手意識や課題など)を抱えたまま過ごすのは、エネルギーを消耗します。そして疲れ切ったり、本当にやりたいことややるべきことに手がつけられなかったりします。

ブロックというものが、自分の中の見たくないものである段階もあると思います。またはもっと自分の中のいろいろなことを探り、考え、もがき取り組むような時間を持ちたいという時期もあると思います。
その時期が終わり、もういいや、だいぶ自分の問題もはっきりしてきたし、いいかげん次に進もう、と思ったとき、
ブロックは、黒々とした得体の知れないものから、ただ目の前にある開きにくい重たい扉のようなものに変わります。
そうしたら、扉を開けて進むだけです。
マインドブロック解除では、その扉を開けるのを、お手伝いします。


ちなみに「あの人はすばらしいからブロックなんてないに違いない」と思うのは、どうやら幻想です。
私の観察では、逆に、精力的に活躍している状態にある人ほど、その時その時の自分のブロック(課題)をはっきり知っていて、それを乗り越えることを続けています。
筋肉に負荷をかけて鍛えると強くなるように、課題を乗り越えることで人間としてのエネルギーを増していく、というのはあると思います。


さらに話がそれますが、この1週間は「地球に生まれてきたということは、出発点でどんな要素を持って生まれてきた人でも、人間の世界に適応して現実を生きていく術をその人なりに身につけることがテーマなのだな」と思った期間でした。
それを自覚している、若い人たちがいる。
宇宙人みたいに地球のことが分からなくて、まるきり不利に見えても、それを自覚して挑戦しようとしている人たちがいる。
それは私にとって心強いことでした。



もう1週間、マインドブロック解除の無料体験キャンペーンは続きます。詳しくは、前回の記事をお読みください♪


posted by 太田 at 00:19| Comment(0) | マインドブロック解除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。